僕の妻と絶倫元AV男優部長

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第3話 部長の手マ●に潮吹いて絶頂する妻 ネタバレ

101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用
公式サイトで無料試し読みはこちら

旦那のリストラを止めてあげる代わりに体を…

そう持ち掛けられた妻は酔っていたのもあるのかおっぱいを見せるだけならという条件で服を脱いだ…

もちろんそれだけではおわらす部長ではない

流れで上手く口車に乗せて妻のあそこまで全部頂く気だ…

今まさに妻の秘部が部長に見られようとしている

旦那はもう部屋に飛び込んで首でもいいから止めた方がいい気もするけどあのへっぴり旦那にはそんな勇気ないはずだ

もう旦那には妻がヤラれるのを指をくわえてみているしかない

でもあのダンナだと一生妻にセック〇で快感を与える事が出来ないだろうからある意味それでよかった気もするが…

オーガズムを知らないで一生をおえるよりも
部長によって快感とはこういうものだというのを教えてもらった方が
今後の人生も楽しいものになるんではないかと思います

旦那は残念だけど
今から反骨心だして
部長のテクを上回るテクを身につけて
妻を取り戻すんだ!

頑張れ旦那!

あとその部長にビビってるとかいう情けない性格を何とかしろ(^^;

101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用
公式サイトで無料試し読みはこちら

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第3話 部長の手マ●に潮吹いて絶頂する妻 ネタバレ

部長は妻の足を持ち
あそこを見えやすいようにする

こっちもいこうかと言いながら妻のあそこをじっくりと見る

妻はきゃっとかえっ?とか戸惑いの言葉を発するも
抵抗することは出来ずにただやられっぱなしになっている

丁寧に妻のあそこを開いて中も見えるようにする部長

もう終わりでいいですか?なんて妻の言葉はむなしく
もうちょっと見たらねとかるく流されてしまう

妻のあそこを開けたりして遊んでいる部長

恥ずかしがっているがアソコはトロトロになっている妻

部長は妻の穴を見ただけでどんな性感帯かが分かるらしい

妻は穴が不快タイプらしく普通のセック〇じゃ入れられている感じがしないらしい

当てられて驚く妻

穴の形でそこまでわかるのはさすが元AV男優の部長と言ったところ

妻のタイプは自分が不感症って勘違いしやすいタイプなんだとか…

手で広げるとパックリ開く妻のあそこは穴の作りがデカいらしい

処女のときも居たくなかったというとこまであってるらしく

妻はあてられたことに驚いている

確かに妻に入れた時スカスカしてる感じがするのは旦那も感じていたらしい

部長曰くこの手の女のあそこには
奥にごっそり性感帯がたまってるということだ

部長は妻を感じさせる自信があるし
妻が今までそこまでセック〇で気持ちいいと感じたことがないこともわかるようだ

部長は妻のクリを指でクイクイと弄っている

妻は気持ちいいような声を出している

最初は優しく弄る部長の弄り方に妻は顔を真っ赤にして声がでてしまっている

はじめてクリでここまで感じて驚いている妻

クリクリと弄る部長のテクに妻は感じまくっているのだ

マ〇汁をつけてとかいろんなクリ弄りテクを披露する部長に妻はもうイってしまうんじゃないかと思うほど感じている

感じている自分に驚きつつも
気持ちよすぎる部長のテクになにこれ?っとは思うものの
癖になってしまいそうな感じもある妻

どんどん気持ちよくなっているのが分かる

気持ちいいのがとまらなくて怖くなってきた妻

両手を使って丁寧にクリを弄ってくる部長のテクに
上半身をよがらせながら感じまくっている妻

妻はイったような反応

こんなに気持ちいいのは初めてと感じている妻

これがイったってこと?とはじめてなのでイったのかどうかははわからいけどとにかくここまで
感じているのは初めてなのは確かなようだ

簡単に妻をイカされて驚く旦那

クリでイったんのを確認して中の方に指を入れる部長

もうダメという妻の言葉を受け流し
中に指を入れるとやっぱり深いねと言う部長

部長がここだろ?と確認するように触ると
妻は声を大きくして感じている

何これ?これダメぇと感じまくる妻

またイキそうになっているのがわかる妻

我慢したけどもう無理でまたイって潮間で噴いている妻

旦那は連続でイカされてしかも潮まで噴いていることに
驚くしかない

自分は潮なんて噴かせたことがない

またイカされたことに驚きつつも悔しがっている妻

妻は何でこの人はこんなことが出来るのか驚いている

妻には部長が元AV男優だとは言っていなかった

ベッドシーツがぐしょぐしょになっている

じゃあ次は俺のを気持ちよくしてよと
部長はパンツが盛り上がった状態で言う

もうおわりでいいですかと言う妻だがちょっとだけだってと言って
自分のものを出し妻の頭を持って自分の股間に近づける

部長のデカさに驚く妻

体を触るだけって言ったのにという妻だが
部長に上手くいなされてちょっとだけということで妻は部長のモノを舐めだした

ペロペロと舌先で舐めると部長のモノは反応して上に向きだす

もういいですかと言う妻に
早すぎだろ
裏も舐めろやと言う部長

言われたとおり裏も舐める妻

上手いじゃん
気持ちイイといいながら
もっと筋に沿ってとかいろいろと
指示する部長

もうそろそろしゃぶっちゃおうという部長

妻はこんな大きいものを口に…?と驚きつつも
口を大きく開いて部長のあそこを咥える

もっと奥まで咥えろという部長

妻は気づいたら部長のアソコを激しくしゃぶっていました

喉の奥が性感帯になったかのように気持ちいいと感じる妻

自分がおかしくなってるのはわかるがもうどうにもとまらなくなってる妻

さっきまで
これでおわりと何度も言っていたのに
妻の頼まれたら断れない性格の良さが裏目に出ていました

101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用
公式サイトで無料試し読みはこちら

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第3話 部長の手マ●に潮吹いて絶頂する妻 感想

クリを弄るだけど何度もイカされて
穴の中もまだちん〇んを入れているわけでもないのにイカされて…

咥えさせられて喉の奥を性感帯にさせられた妻

おそらく旦那は妻をイカしたことすらない…

これはほんとにかなしい事実ですが
テクの差ってほんとにでますよね…

でも逆に考えると自分がここまでのテクを持っていたら楽しそうじゃないですか?

どんな女も感じされられて
女の人を気持ちよくさせてあげられる…

きっと自分が感じるセック〇の楽しさも変わってくると思うんですよね

もっと自分がイクことよりも女性をイカせることに集中して楽しいセック〇が出きると思うんですよね

そうなればとにかくセック〇まで持ち込めば相手を虜にすることが出来たなら
なんだか自身にもなりそうですよね

女の人が夢中になってしゃぶってくれるようなちん〇んの持ち主になりたいです(*´Д`)

部長すげえ(笑)

公式サイトで無料試し読みはこちら
101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用