僕の妻と絶倫元AV男優部長

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第2話 部長のテクにのけぞり喘ぐ妻 ネタバレ

101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用
公式サイトで無料試し読みはこちら

情けないことに自分がリストラ対象になったことをなしにしてもらう為に
自慢で大切な妻を部長に合わせてしまった旦那

本当はもちろん断りたかったが
部長が怖かったので

妻に断ってもらおうとしていた

何も伝えていない妻に…

部長にお前は飲んで酔っ払ってさっさと寝とけと言われて
本当に寝てしまった旦那

その間に部長は妻を口説くために動いているに決まっているのに…

よく寝れますね(笑)

こんな情けない旦那だったらさっさと部長にネトラレてしまってもいい気がしますが…

奥さんは可哀そうですよね

裏で部長に話つけられて
自分とヤッテもいいと了承している旦那がいるんですよ…

本心じゃないにしても
怖いからってそれを止められない旦那…

守ってくれなかったってことですからね…

もうこれでこの旦那は妻が部長と何をしても文句言う筋合いはないし
どんな反応を受け止めなければなりません…

これから部長んめちゃくちゃに〇される妻を目の当たりにしても
指をくわえてみてるだけしか出来ないんですね…

101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用
公式サイトで無料試し読みはこちら

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第2話 部長のテクにのけぞり喘ぐ妻 ネタバレ

そしてしばらくして
目が覚めると
二人の姿はありませんでした

なにやら遠くの方で
声をひそめた会話が
聞こえてくるのがわりました

寝室の方だと気が付くと
一気に心臓が
バクバクしはじめました

そして静かに部屋を覗いてみると
今まさに部長が妻に話をしている所でした

何とか
他の方法は
無いんですか?

ねーよー
俺が奥さんと
ヤりてーって
思っちゃって
んだからさ

そんな…
完全に私情じゃ
ないですか…

妻もかなり
飲まされたようで
少しフラフラと
していました

せめて
少し時間を
下さい…

こんな急に言われても

(もっとハッキリ
断ってくれよ!
自分を棚上げして最低なことを思っていました)

じゃ
本番なしは?

え…?
本番って

入れないから
おっぱい
揉ませてよ

あとちょっと
シコシコって
すりゃ終わり

ね?
いいっしょ?

部長は僕の時みたいに
考える隙を与えず
急かすように妻を誘導
していき

酔ってるせいなのか
妻も反論できぬまま
脱ぎ始めていました

早く早く!
ブラも撮っちゃえ

でっけー

そしてついに
部長の前で妻が
裸になって
しまいました…

あの妻が脱がされるなんて
信じられませんでした

下も早く脱いじゃえ

パンツも早く!

もうこれで
いいですか?

は?
ダメダメ

おっぱい
揉ませる
約束っしょ

じゃあ
それだけ
で終わりに

下もちょっと
いいじゃん

…本当に
入れるのは
無しで…

分かった分かった
興奮するね

そして
ついに…

おおお

あっ

重っ

僕だけの妻が…

うわっ

あっ

柔らけっ

部長に体を
許して
しまいました

うわっ
すっげー
このおっぱいは
エロっ!

どこか女性を
バカにした
ような扱い方で

妻の気持ちなど
無視して好き勝手
遊んでしました

んっ

あーあ
埋まっちゃう
ぶははは

奥さん
感度
いいね!

(え?感度?)

ほらほら
さっきまで
陥没して
たのにさー

すんげー
頑なって
んじゃん

そんな事ないです

と言いつつ妻はすごくき持ち良さそうな顔をしている

うわー
乳輪まで
勃〇して
んじゃん

すけべな
女だな

あっ

「スケベな女」
なんて酷い
言われようだ…

でもこの時僕は
大事な事を忘れて
いたのに
気が付きました

妻に部長に相手を
してもらうのは
妻に痛い思いをさせて
しまうよぷな気が
していました

だけどもし…
逆に気持ちいい
と妻が思って
しまったら…
部長を受け入れて
しまったら…

でもそんな事はあり得ない

ハァハァ
あうっ

乳首をコリコリされて感じまくってよがりまくる妻

僕の知ってる
妻はそんな人ではありません

まだコリコリされている
すこし弄れるだけで
声が出てしまう妻

あぁ

感じてるんじゃなくて

んあぁ

戸惑っているだけだ!
そう信じていました

あぁ
ハァハァ

でもどんなに
ひいき目に見ても
妻の様子が明らかに
変わっていくのが
分かりました…

うっ
あぁん

しかも僕が触る時と
全く違う反応でした

この人
触り方が凄く丁寧

ガサツな人だったから
もっと荒々しい
思ったのに

ハァハァ
あぁん

乳首がビリビリして
痛いぐらい
勃っちゃう

でも絶対
弱みを見せちゃ
ダメ…

あうっ

ここで終わりにしないと

もう止めてもらわないと

早く…

あぁん

妻は部長に流されて
気が付くとベッドに寝かされていました

つづく!

101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用
公式サイトで無料試し読みはこちら

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第2話 部長のテクにのけぞり喘ぐ妻 感想

もう無理ですな…

完全に感じちゃってますもんね…

あのへっぴり旦那と部長じゃ触り方もテクモ段違いなんでしょう…

こんなにおっぱいを触られただけで感じたことはないんじゃないでしょうか?

部長もおっぱいに興奮していましたから
おっぱいを重点的に触ってますね

一応おっぱいと下ちょっとっていう話ですけど
もちろん部長はそんなところで終わる気なんてさらさらないでしょうからね

第2話で奥さんかなり感じてエロい顔で喘ぎまくってるんですが
まだおっぱいしか触られていないんですよね…

さすが元AV男優の部長です

おっぱいだけでここまで感じさせるなんて…

第3話は下もさわるんでしょうけどどうなってしまうんでしょうか?

もう壊れちゃうとか言い出しそうなくらい感じそう

そんな妻の姿を見て声を聞いたら旦那さんはもう堪えられないような…

公式サイトで無料試し読みはこちら


101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用